そこはかとなくゆかし

裏紙に筆走らせて描いた落書きイラストの寄せ集めから即興曲まで。屑箱へそっと姿を消すはずだったこの子たちの面影が、そこはかとなくゆかし・・・。瑣末な作品を言の葉と一緒にさりげなく残しています。

カテゴリ: 作業部屋

思いがけない情報を貰えたので、すごく嬉しい!!
Windows10でPictBearを使うと」で言及していたダイアログの不完全な表示問題。
この解決方法を「とおりがりの名無しさん」という方がコメント欄で教えてくれました。
※「とおりがり」はわざとかな?発音しづらいけど・・・
感謝感激雨あられ、本当にありがとうございます。
嬉しさのあまり勢いで非公式の修正パッチを作っちゃいました。
もし同じ症状で困っている人がいたら是非利用してください。
続きを読む

2020年末頃にはサポートが完全に終了することになっているので、何を今更~な Flash Player。
でも、サポートが終了する前だっていうのに「再生できない!」と困っている人がいることも事実らしい。
特に chrome 系のブラウザを使っている人。(自分だ)
検索であちこちのテクニカルノートやFAQを調べ回って、見つけた情報に従って NPAPI プラグインから PPAPI プラグインに変更してみたけどダメだったとか、最新の Flash Player をインストールしたけどダメだったとか。(これも自分だ)
何か設定にコツでもあるんだろうか、なんて自分の力量を疑いだして、どうにもならなくなって諦めてしまったり。(言わずもがな・・・自分)
不器用
仕方なく毎回、右クリックで「このプラグインを実行する」でしのいでいたりする人、もしかしたら解決のヒントになるかもしれないので、確認の基本ポイントだけ紹介します。
というか、せっかくオリジナルの曲を公開したのに、ブログを訪問してくれた人のブラウザで Flash Player が再生できないんじゃ、全然聴いてもらえないじゃん!!
という致命的問題が判明したわけで、自己解決した手順を書いておきます。

まず、chrome 用の最新 Flash Player(PPAPI)がインストールされていることを前提として。
さて、このブログの例でいうと mp3 メディアが埋め込まれているところがこんな状態のものだとダメ。
flash無効
ジグソーパズルのピースみたいなマークが表示されてるでしょ。
これだと Flash Player が無効になっている状態なんです。

Flash Player が有効になっていれば、こんな感じ。
flash有効
スピーカーと右三角マークが見えますよね。
こうなっていないと、mp3 は再生できません。

それでは、Flash Player を有効にする手順です。
ブラウザのアドレスバーに次の文字列をタイプしてください。
というか、コピペした方が早いっ!

chrome://settings/content

余談だけど、Flash Player の有効化がうまくいかないで困っている人は、どうやら古い情報に振り回されてお手上げになってしまうみたい。
たとえば「chrome://plugins」とか。

さて本題に戻って、ちゃんと設定画面を開くことができたら一覧の中に「Flash」という項目があるはずなので、「Flash」の項目をクリック。
flash設定1
「Flash」の項目に「重要なコンテンツのみを実行する」と表示されていれば、基本的に Flash Player は有効になっているはずなので、この状態で Flash Player が再生できないという人は残念ながら、ここで打ち止めです。

さて、「Flash」の項目をクリックすると、こんな感じ。
flash設定2
「サイトでの Flash の実行を許可する」と「重要なコンテンツのみを実行する」の右側に青色のスイッチが表示されていますよね。
このスイッチが右側にスライドされていれば青色になって有効の状態。
左側にスライドされていれば無効の状態です。
この設定は両方とも有効にしてください。

※【2018/1/18追加情報】
Chromeの仕様がいつのまにか変更されてたようで、「サイトでのFlashの実行を許可する」と「重要なコンテンツのみを実行する」ではなく、「最初に確認する(推奨)」に変わってるみたい。
もし「最初に確認する(推奨)」が有効になっていてもFlashが再生されなかったら、サイトのドメインを「許可」のところに「追加」してあげるとよさげ。

例1)ポーズマニアックスなら「http://www.posemaniacs.com:80」

最後の「:80」はポート番号なので、もしプロトコルが「http://」ではなく「https://」なら「:443」にすればいい。

例2)グーグル検索なら「https://www.google.co.jp:443」

以上で設定は終わり。

そうそう、chrome 系のブラウザでも Kinza や Vivaldi はちょっとだけ注意してください。
chrome://settings/content の「chrome」の部分を Kinza と Vivaldi では次のようにします。

- Kinza -
kinza://settings/content

- Vivaldi -
vivaldi://settings/content

Sleipnir 4/5/6 の人は「chrome://~」そのままでいけるので大丈夫。

これで Flash Player が表示されるようになれば見事、解決!(となるハズ)

ただ、Sleipnir 4 の場合は長い時間いろんなサイトを開いたりして使っていると、どういうわけかフットプリント(メモリ占有)が肥大化しやすいみたいで、そういう状態だと Flash をうまく読み込めずに Flash コンテンツの埋め込まれている場所や、ページ全体がフリッカリング(ちらつき)を起こしたりする問題があるみたい。
そういうときは一旦 Sleipnir を終了させて、再度実行すると改善することが多い。
もし Sleipnir 5/6 でも同様の症状が現れたらブラウザを一旦終了、再度実行を試してみて。

一応ここから下に mp3 のメディアを Flash Player で埋め込んでおきますので、正常に表示されているか確認してみてください。
あと、曲は荒削りなんですが、お暇な方は聴いてみて。

1.真夏の白昼夢は終わらない(6分17秒)

2.南太平洋高気圧(4分08秒)

3.低温火傷(2分38秒)

4.魔女月危険[混ぜるな危険](4分06秒)

5.キマツい雰囲気(3分55秒)


今後まとまった時間があれば、ぼちぼち曲作りを再開しようかと思っていたりするので、もしまた機会があればお立ち寄りの際に是非ご試食ください。
多分、曲の公開は「作曲」「DTM」「Domino」などのタグで紐付けしておくと思うので、タグの方を活用していただければ見つけやすい、かも・・・。

ではでは、お元気で~。

人気ブログランキング

今頃気づいた。

WindowsXP のときから愛用している PictBear のツールパネルの仕様が Windows10 では崩れているということに。
img20161203-1
この画面でいうと、ちょうど画面右上の「パレット」というツールパネルから「色の設定」を呼び出す。
呼び出すといっても、交互に切り替わる2枚のカラーチップのところをクリックするだけ。

それで、気のせいかなと思いながらも、何かが足りないような気がしていた。
それが何であるか。
「カスタマイズ」のタブを開いて、ようやくわかった。

たとえばこれ、画像の上側2つが Windows10 で下側2つが WindowsXP での表示。
img20161203-2
本来ならタブの表示領域にきちっと納まっていなければならない設定欄が、まるで下に潜り込むようにして隠れているじゃないか。

Windows XP の方で確かめると、「標準」タブの方には下の方にグレースケールのハニカムも表示されている。
これが Windows10 では表示されていない!
違和感の正体はこれだったのだ。

ちなみに、実行ファイルのプロパティを開いて「互換モードでこのプログラムを実行する」を「Windows95」から「Windows8」まで全て試してみたけど、変化はなし。

これ、微妙に困るなぁ。
残念だけど、もう PictBear のサポートはとうの昔に打ち切られているから諦めるしかないのか。

もし誰か解決策を知っていたら、教えて~。

<2018年1月13日追記>
「とおりががりの名無しさん」のおかげで解決しました!
PictBearの修正パッチ作りました

人気ブログランキング

なんて、紛らわしいタイトルをつけると叱られそうな・・・。

さて、久々に曲作り関係の話でもいかが~かな。
ということで、いきなり「曲作りに行き詰まったら使ってみるといいかも」な Genkhord というフリーソフトの紹介。
Genkhord
Domino みたいな打ち込みタイプのソフトで曲作りをしている人なら、コードよりむしろ旋律の方に力を入れたいものなのかもしれないけど、なかなかどうして、コード進行で実際に音源を鳴らしながら曲の輪郭や雰囲気を大雑把に組み立てたいときは大いに役立つと思う。
しかもありがたいことに、ひとつのコードを鳴らすと次の候補になりそうなコードを色表示で教えてくれる親切機能まであるし。

入手は公式サイト「HASHIMOTO N's Web Page」内の「Genkhord コード進行アシスタント」で。
現時点での最新バージョンは「Ver.0.32.2016.7.15」となってる。

コード進行とアルペジオを駆使した主旋律なしのループBGMみたいなものなら、わりと簡単に輪郭が組み上がるんじゃないかな。
曲の全体像を描くには力不足かもしれないけど、悶々とするくらいなら適当なコードを鳴らして「つかみ」を拾ってみた方が効率アップの助けにはなるかと。

参考までに、Genkhord のお力添えがあって難産を免れた(というのは大げさな)過去の曲をおひとつ。

曲名:キマツい雰囲気
再生時間:3分55秒

ついでなので作曲の経緯なんかも少しばかり。
これは去年(2015年)の2月頃に即興で作った曲なんだけど、ちょうど時期的に学年末の期末テストや受験なんかの話題が多いからって「期末」と「気まずい雰囲気」をかけて「キマツい雰囲気」なんて付けてしまった。
その割には、なんのネタにもなってないし、そもそも誰かに聴かせることを前提にしていない荒削りな曲だし、要するに・・・大した曲ではない。
でも、せっかくだから・・・。

まぁ、あくまで曲作りのお手伝いに Genkhord はいかがですかという話で、期末テストや受験のお手伝いにはなりません。あしからず~。

それと、作曲には Domino を使用。
もちろんエフェクターなどが使えないからシンプルにPCのMIDI音源を演奏しているだけなんだけど、サウンドフォントを使ってるからPCのデフォルト音源より多少は音色が良く聞こえるかな。

<2017年1月28日追記>
firefoxではsimple-audio-playerが単なる黒色バーになるらしいので、javascriptで表示するaudio-playerを追加。

人気ブログランキング

その都度、公開した画像に使用ソフトなどの補足情報を添えておくのもよいけど、知らない人のために入手先くらいは紹介しておこうかと思います。
アトリエというか、作業環境みたいなものをたまにはお披露目するかもしれないので、とりあえず「作業環境」というカテゴリを作って、使用ソフトや文房具の紹介みたいなこともできるように・・・。(極めて不純な動機だ)

まずは PictBear という無償ソフトウェア(フリーウェア)のご紹介。
あくまでも個人的に使い慣れているというだけで、別に「これでなければいけない!」というわけではありません。
他にも高機能だったり多機能だったり、いろいろなグラフィック系のソフトウェアがあるので、それぞれが気に入ったものを使えばいいので。
PictBear
あまり高機能というわけではないけど、直感的に使いやすいので、一番愛用しているペイントソフトです。
画像に著作権表示の透かしみたいなものが入っていることに気づいている人もいると思いますが、こういう加工はPictBearでやっています。

イラストを一から描くのには向いていない、というか作業効率は悪いです。
できないわけではないけど、マウスだけで作業をしているとイライラしますね。
どんな用途に向いているかというと、レイヤーを使って複数の画像をブレンドするとか、単純なグラデーションを入れるとか、大雑把な加工に向いています。

ソフトウェアの入手先はこちら↓
PictBear(ピクトベア)-多機能で軽快なペイントソフト|フェンリル(公式ウェブサイト)

最終バージョンは2.04。
開発は終わっているそうなので、残念ながらサポートはありません。

人気ブログランキング

初音ミク VISAカード a8mat

長万部みなとの新しい投稿

↑このページのトップヘ