そこはかとなくゆかし

裏紙に筆走らせて描いた落書きイラストの寄せ集めから即興曲まで。屑箱へそっと姿を消すはずだったこの子たちの面影が、そこはかとなくゆかし・・・。瑣末な作品を言の葉と一緒にさりげなく残しています。

カテゴリ: 小品

今年はうんざりするほど雨の日が多い。
しかも誰が手招きしたのか、そこへ輪をかけるようにやってくる超大型台風。
このままじゃ洗濯物が乾かない。
あぁ、パンツのローテーションが間に合わなくなる。
いよいよ魔術式のおまじない。続きを読む

今日は10月10日。
だから「体育の日」だ。

ん?
そうだっけ?
うっ、違った。

体育の日は2000年から10月の第2月曜日ということになったんだよね。
で、今日は?
続きを読む

最近は検索サイトがSSL(暗号通信)化した影響で多くのアクセス解析サービスが検索ワードの集計をやめたように、ライブドアのアクセス解析からも検索ワードの項目がなくなって久しい。
だから以前ほどはアクセス解析を気にすることが少なくなった、と言えばウソになる。
どんな人がブログを訪問してくるのかまではわからないけど、どのページがよく閲覧されているのかはわかるので、ついついアクセス解析のタブを開いて見てしまう。
そして、はやり!同一IPアドレスで複数のページを閲覧されているかといえば、それはむしろ希(まれ)だ、という現実。(わかっていたけど)
推測するに、圧倒的多数は明らかに検索サイトから目的のワードに関連する情報を調べに来ているだけで、期待する情報が見つからないと、きっとすぐにページを閉じてしまうんだろうねぇ。

みなさん、期待に沿えずゴメンナサイ!!

ピース
なんの謝罪会見だ? しかも文脈とミスマッチな絵・・・

いや、そこではなくて今日の本題は全く別のところ。
(挿絵はいつもの落書きということで)

実は創作活動の一環としていろいろな図柄や下絵を作ったりするお手伝い的なこともやろうと思って、昨年末くらいからハンドメイド作家のむくりくさんとパートナーシップを結んで少しずつアイデアを出したり提案してみたり、それなりにせっせとやらせてもらっていた。
それはいいんだけど、普段は人物絵しか描いていないこともあって、せっかくリクエストをもらっても要求事項をうまく満たせないでいる自分が実にもどかしい・・・という話。

発端は、アクセサリーの作品原画を描画するアプリケーションソフトを別のものにしたらどうか、という提案に始まる。
具体的には、今まで Microsoft Office のワードやエクセルのオートシェイプで描いていた図柄を、今度から描画ソフトで描きましょうよ、って。

そして描画ソフトとして候補に挙げたのは、Adobe Illustrator、Gimp、PictBear、Inkscape。
ただ、Adobe Illustrator に関して言えば有償ソフトで、しかも価格が高いという問題が。
必然的に選択肢は「それ以外」ということになった。
Gimp は Illustrator の代替として使われるほど機能が多すぎて逆に混乱するかもしれないから、最終的には Inkscape と PictBear の組み合わせで落ち着くことになった。
Inkscape はベジェ曲線が簡単に使えて、PictBear は色塗りが簡単にできるところがいい。
(って余談が長すぎ)

さて、基本的な使い方もレクチャーし終えたところで、どうせならと思って実際に Inkscape とPictBear を使ってお店のマスコット的なイラスト(図案)を描いてプレゼントしようと考えたわけだ。(やっと本題)

が・・・出来上がった図柄に対するコメントは

「なんか、ナメクジみたい」
fugu-guiter_mukuriku
ミ、、、ミドリフグ、ですっ。(で、何故にギター?と追い打ち)
ここは素直に未熟な画力を認めて

期待に応えられませんでした!!


今後は人物絵だけじゃなくて、もっと練習のレパートリーを増やさなきゃ、ダメだこりゃ。
もう一度、初心に立ち返って「動物や架空のモンスター」なんかも(以下略)

・・・な、な、なんて些細な話だ。
取るに足らない話ついでに、もうひとつ後日談。

本当は間もなく没絵に加わる予定だったこのミドリフグ(ギタリストバージョン)のイラストが幸いにして後日「商品の図柄として使いたい」という申し出に救われて、このたび図柄の著作権に関する権利譲渡を行う運びに。
ということで今後はハンドメイド作家「むくりく」に著作権が帰属するということに相成り、めでたし、めでたし。

当たり前だけど、こういう著作権の問題は後々何かと厄介なので、できるだけちゃんとしとかないとね。
趣味の延長でやってるからとか、暇つぶしでやってるからとか、大概の人は自分の作品を過小評価して権利意識が希薄になりがちだけど、たとえ落書きのつもりでもアイデアを形にして創作した人が著作者であることには変わりがないのだから。

ちなみに今回のような著作権の譲渡を行う方法は譲渡契約というのが一般的で、その内容には「全ての著作権を譲渡する」という規定を盛り込めばオーケー。
ーーーだと思ったんだけど、実はこれだけだと譲渡契約としてどうやら不完全らしい。
というのは、図柄を利用してパンフレットを作ったりするような「二次的著作物」の創作権や利用権をどうするのかが曖昧だったり、原著作者に留保されたりといった問題があるから、だそうだ。

じゃぁ、そういう一切の権利を完全に譲渡するにはどうすればいいのか。
この点については、こういう二次的著作物の創作権(著作権法第27条)や利用権(著作権法第28条)も含まれることを明確にする意味で、規定としては「全ての著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む)を譲渡する」のような文言にすれば完全に権利譲渡が成立することになる(らしい)。

その結果、たとえ原著作者だからといって勝手にこの著作物(ミドリフグ・ギタリストバージョン)を無断でブログに掲載することはできなくなったわけで、原著作者が現著作権者に利用許諾を取ってから掲載するという・・・なんか複雑な気分。

今日は、とりとめもない話でした。(いつも通りか)

最後に記事中で紹介したフリーソフトの入手先などを参考まで。

/*/ PictBear /*/
フェンリル(Fenrir Inc.)PictBear
本家:https://www.fenrir-inc.com/jp/pictbear/
窓の杜:http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/pictbear/
追加可能なブラシで色塗りしたり、レイヤーを使ってレタッチや文字加工が簡単にできる手軽ペイントソフト。

/*/ Inkscape /*/
INKSCAPE
本家:https://inkscape.org/ja/download/
窓の杜:http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/inkscape/
SVGのベクターデータ(パス)が扱えるので線画向き。手書きのラフから線画を起こすのにも便利。

/*/ GIMP /*/
GNU Image Manipulation Program
本家:https://www.gimp.org/
窓の杜:http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/gimp/
とにかく多機能で高機能。Adobe Illustratorを持っていない人がaiファイルを開きたいときなどは便利。

人気ブログランキング


2020年末頃にはサポートが完全に終了することになっているので、何を今更~な Flash Player。
でも、サポートが終了する前だっていうのに「再生できない!」と困っている人がいることも事実らしい。
特に chrome 系のブラウザを使っている人。(自分だ)
検索であちこちのテクニカルノートやFAQを調べ回って、見つけた情報に従って NPAPI プラグインから PPAPI プラグインに変更してみたけどダメだったとか、最新の Flash Player をインストールしたけどダメだったとか。(これも自分だ)
何か設定にコツでもあるんだろうか、なんて自分の力量を疑いだして、どうにもならなくなって諦めてしまったり。(言わずもがな・・・自分)
不器用
仕方なく毎回、右クリックで「このプラグインを実行する」でしのいでいたりする人、もしかしたら解決のヒントになるかもしれないので、確認の基本ポイントだけ紹介します。
というか、せっかくオリジナルの曲を公開したのに、ブログを訪問してくれた人のブラウザで Flash Player が再生できないんじゃ、全然聴いてもらえないじゃん!!
という致命的問題が判明したわけで、自己解決した手順を書いておきます。

まず、chrome 用の最新 Flash Player(PPAPI)がインストールされていることを前提として。
さて、このブログの例でいうと mp3 メディアが埋め込まれているところがこんな状態のものだとダメ。
flash無効
ジグソーパズルのピースみたいなマークが表示されてるでしょ。
これだと Flash Player が無効になっている状態なんです。

Flash Player が有効になっていれば、こんな感じ。
flash有効
スピーカーと右三角マークが見えますよね。
こうなっていないと、mp3 は再生できません。

それでは、Flash Player を有効にする手順です。
ブラウザのアドレスバーに次の文字列をタイプしてください。
というか、コピペした方が早いっ!

chrome://settings/content

余談だけど、Flash Player の有効化がうまくいかないで困っている人は、どうやら古い情報に振り回されてお手上げになってしまうみたい。
たとえば「chrome://plugins」とか。

さて本題に戻って、ちゃんと設定画面を開くことができたら一覧の中に「Flash」という項目があるはずなので、「Flash」の項目をクリック。
flash設定1
「Flash」の項目に「重要なコンテンツのみを実行する」と表示されていれば、基本的に Flash Player は有効になっているはずなので、この状態で Flash Player が再生できないという人は残念ながら、ここで打ち止めです。

さて、「Flash」の項目をクリックすると、こんな感じ。
flash設定2
「サイトでの Flash の実行を許可する」と「重要なコンテンツのみを実行する」の右側に青色のスイッチが表示されていますよね。
このスイッチが右側にスライドされていれば青色になって有効の状態。
左側にスライドされていれば無効の状態です。
この設定は両方とも有効にしてください。

※【2018/1/18追加情報】
Chromeの仕様がいつのまにか変更されてたようで、「サイトでのFlashの実行を許可する」と「重要なコンテンツのみを実行する」ではなく、「最初に確認する(推奨)」に変わってるみたい。
もし「最初に確認する(推奨)」が有効になっていてもFlashが再生されなかったら、サイトのドメインを「許可」のところに「追加」してあげるとよさげ。

例1)ポーズマニアックスなら「http://www.posemaniacs.com:80」

最後の「:80」はポート番号なので、もしプロトコルが「http://」ではなく「https://」なら「:443」にすればいい。

例2)グーグル検索なら「https://www.google.co.jp:443」

以上で設定は終わり。

そうそう、chrome 系のブラウザでも Kinza や Vivaldi はちょっとだけ注意してください。
chrome://settings/content の「chrome」の部分を Kinza と Vivaldi では次のようにします。

- Kinza -
kinza://settings/content

- Vivaldi -
vivaldi://settings/content

Sleipnir 4/5/6 の人は「chrome://~」そのままでいけるので大丈夫。

これで Flash Player が表示されるようになれば見事、解決!(となるハズ)

ただ、Sleipnir 4 の場合は長い時間いろんなサイトを開いたりして使っていると、どういうわけかフットプリント(メモリ占有)が肥大化しやすいみたいで、そういう状態だと Flash をうまく読み込めずに Flash コンテンツの埋め込まれている場所や、ページ全体がフリッカリング(ちらつき)を起こしたりする問題があるみたい。
そういうときは一旦 Sleipnir を終了させて、再度実行すると改善することが多い。
もし Sleipnir 5/6 でも同様の症状が現れたらブラウザを一旦終了、再度実行を試してみて。

一応ここから下に mp3 のメディアを Flash Player で埋め込んでおきますので、正常に表示されているか確認してみてください。
あと、曲は荒削りなんですが、お暇な方は聴いてみて。

1.真夏の白昼夢は終わらない(6分17秒)

2.南太平洋高気圧(4分08秒)

3.低温火傷(2分38秒)

4.魔女月危険[混ぜるな危険](4分06秒)

5.キマツい雰囲気(3分55秒)


今後まとまった時間があれば、ぼちぼち曲作りを再開しようかと思っていたりするので、もしまた機会があればお立ち寄りの際に是非ご試食ください。
多分、曲の公開は「作曲」「DTM」「Domino」などのタグで紐付けしておくと思うので、タグの方を活用していただければ見つけやすい、かも・・・。

ではでは、お元気で~。

人気ブログランキング

だいぶ時代は変わった。
じゃなくて、色々な変遷をたどって価値観が多様化してきたというのが正しいのか。
恋愛に積極的な肉食女子という言葉が生まれて久しい。
義理チョコだの友チョコだのという慣習はもっと息が長い。
女子同士に至っては友チョコ事情が複雑らしくて、夜通しチョコ作りに励んで朝からクタクタになってる子もいるとかいう話だ。
そうなるともう、好きな男子に告白するだのワクワクドキドキとか浮いた話じゃなくて、女子は女子である種の社交行事のために神経をすり減らしているようなもの。(気苦労をお察しします)

ちなみに海外ではチョコよりも花束やカードを贈ることの方が主流らしいと聞く。
カップルや親しい友人の間で相互に贈り合うのも珍しくないらしい。
だからといって、この日本でバレンタインデーにいきなり女子から花束出されたら公開処刑的なニュアンスか?
個人的にはやっぱり無難なところでチョコがいい。(花より団子、的な?)
しかもチョコなら年中無休でウェルカムだ!

なんて、三時のおやつ並みに食い気満々じゃ、身も蓋もないか。
ないけど一応、同性からはNGという方向で。
でも傍目だったら百合はセーフだよ(って何の話だ)。
バレンタイン攻略
使ったもの: 0.3mmシャープペン(2B)、プリントの裏紙
描画時間: 忘れた・・・
編集ソフト: PictBear、PhotoFiltre


そういえば、小学校6年生のときに「バレンタインデーにチョコちょうだいね」としつこくせがんでくる仲良し二人組の女子がいたのを思い出す。
普通、逆じゃないの?
女子が好きな男子にチョコを渡す(&コクる)一大イベントの日じゃなかったっけ?
と、そのときは心身未熟で関心も知識も中途半端だったから、成り行きで「はいはい」と生返事してしまったけど。
結局はその女子たちがそろいもそろって勘違いしていたということで話は終了。(今でこそ逆チョコもありだが)
その後、古式ゆかしく女子から愛の告白とともにチョコを貰うという儀式もなかったし、あれはなんだったんだ・・・。
好意の有無はともかく、義理チョコが賑わう当時の教室では、なんとなく肩透かしをくらっただけみたいで居心地が悪かったのを覚えてる。
まぁなんというか、思春期前に微妙なしこりを残したというか・・・。

人気ブログランキング

初音ミク VISAカード a8mat

長万部みなとの新しい投稿

↑このページのトップヘ