そこはかとなくゆかし

好きなように絵を描いて、好きなように曲を作って、さりげなく残しておくところ。

カテゴリ: 展示室

忙しすぎて長いことお絵描きから離れていたら、どんどん絵が下手になっていて焦ってしまいましたね。
珍しく時間が取れた三連休に久しぶり描くことができて、なんだかホッとしたー。

考えてみたら、しばらくブログも疎かになってました。
ちゃんと絵を載せなきゃ。

レイシア(パステル)

うちの子のレイシアさん。
この名前は、以前、ツイッターで相互フォロワーになっていた絵描きさんにつけてもらったんです。
名前もお気に入りだし、キャラにも愛着があります。

もしかして、ブログに絵をちゃんとあげるの、これが初めてかもしれない(汗
前に描いたレイシアさんが3枚もあったので、まとめて上げてしまいます!

続きを読む

あけましておめでとうございます。

一年なんて本当にあっというまだなぁ。
昨年後半はほとんど絵を描く時間がなくて、描き方忘れるところでした。
今年はたくさん描けるかな。
描けたらいいな。

今年もよろしくお願いします。
年賀2020



1年余もブログを放置してたー。

だけど、とりたてて書き残しておきたいことが思い浮かばない。
とりあえず暑中見舞いの絵だけも貼り付けておこうよね。
珍しく頑張って描いたんだから。

暑中見舞い

デジタルイラスト全盛の今時にペンタブの能力すら十分に引き出せないPictBearは確かに力不足だ。
でも、未だに描画デバイスが「シャープペンです」という自分のような落書き趣味程度のアナログ派にとっては、もうすっかり手放せないツールのひとつになってしまってる。
何しろ、アナログ線画をスキャンして色塗りするだけなら自動選択マスク機能とレイヤー機能が備わっていれば事足りてしまうのだから。

で、実際にPictBearの実力を紹介する記事でもそのうち書いてみようかな・・・と思いながらのらりくらりしていたら、時代はいつの間にかWindowsXPが終わり、Vistaも終わり、7や8/8.1も終わって10を迎えてしまった。つまり、オワコンも同然。
ところが最近、pixiv Sketchと出会って久々に色塗りが楽しくなって、再びPictBearをフル活用している。
今なら勢いで1枚くらい描ききれるんじゃないかと思って仕上げた作品がこのほど完成したので、やっぱりPictBearのサワリくらいは紹介してみたくなった
まずは完成絵から。続きを読む

もう、すっかりpixiv Sketchのとりこになってしまったかもしれない。
自分で描くだけじゃなくて、次々と投稿されるたくさんの絵を眺めているだけでも面白い。
しかも、週末の夜は中高生の作家さんたちも活発に作品を投稿してる。
こちらが何か描いて投稿するとリアクションを返してくれる人が中高生ということも珍しくない。

ところで、活発に投稿している作家さんのプロフィールを読んでいると、何やら試験勉強そっちのけでpixiv Sketchに現実逃避を試みているみたいな人もいるのよ。
中高生はそろそろ期末テストだろうに、大丈夫なのか?
って、思わず心配して啓発ポスターみたいなもの描いちゃったし。続きを読む

長万部みなとの新しい投稿

↑このページのトップヘ