そこはかとなくゆかし

裏紙に筆走らせて描いた落書きイラストの寄せ集めから即興曲まで。屑箱へそっと姿を消すはずだったこの子たちの面影が、そこはかとなくゆかし・・・。瑣末な作品を言の葉と一緒にさりげなく残しています。

タグ:シャープペン

飼ったことのある人なら多分、知っているはず。
ミドリフグには歯があるって。
フグ科ならだいたい歯があるから、同じフグ科のミドリフグにも歯があるのはあたりまえか。
ミドリフグ
使ったもの: 0.3mmシャープペン(B)、プリントの裏紙
描画時間: 1時間くらい
編集ソフト: PictBear、PhotoFiltre


ミドリフグの歯と言えば・・・
続きを読む

気持ちはわかる。
最近の寒さときたら、尋常じゃないからねぇ。
これだけ寒いと、エアコンはすぐに霜取り運転になるから、朝方は役に立たないし。
唯一、即暖性があって直に身体を温めてくれるものといえばストーブ!
・・・なんだけど、温いアリーナ席はすぐに奪い合いになるのが難点だよ。
職場だと、目上の人に譲るのが礼儀だとか妙なしきたりがあったりね・・・。(あるのか?)
ストーブ
使ったもの: 0.5mmシャープペン(2B)、プリントの裏紙
描画時間: 1時間くらい
編集ソフト: PictBear、PhotoFiltre  


人気ブログランキング

なるほど、もう受験シーズンだからか。

夕方、近所の図書館へ行ったら、間仕切りのある個人閲覧席が中学生くらいの子で一杯だった。
今日は午後から雨だし寒いし、あいにくの天気だったのに、みなオーラが真剣。
さすが最後の追い込み。
そこね、普段なら高校生だか大学生くらいの子が陣取っていて、そのうち何人かは突っ伏して寝ていたりするのが珍しくない席なんだよ、って心の中でつぶやいたりしている自分。
(ま、それは置いといて)
一生懸命な背中を見ていると、つい応援したくなる。

頑張れよ、みんな! って。

その一方で卒業も間近に迫っていると思うと、ちょっぴり寂しくなるね。
あと100日もしないで、みんなそれぞれの道に進むんだよな。
中学校はこの10日くらいに始業式なのかな?
受験生は最後の学校生活だもんね。
みんな充実した三学期を過ごせますように・・・。
窓際の子
使ったもの: プリントの裏紙、0.3mm/0.5mmシャープペン(2B)
描画時間: 30分くらい
編集ソフト: PictBear、PhotoFiltre


あ、9日は成人式か。
成人式の日って、なんか毎年天気悪くない? (ボソボソ) 
続きを読む

ブログ開設の日から数えて今日で260日目、総訪問者数が1270超になった。
こんな落書き張りの小ブログでもささやかな拍手をポチしてくれた人、どうもありがとう。
そして、せっかく見に来たのに期待を裏切られたという人、ごめんなさい。

さて、今年はブログをどうしたい?
なんて、特に決めていない。
いつものペースで裏紙に描いた落書きをスキャンして投稿していくつもり。
だけど正直なところ、そろそろペンタブが欲しい・・・かなぁ。

さすがにマウスだけでデジタルイラストを一から描き起こす気にはなれない。
アナログ下絵をトレースするにしても、主線の入りや抜きが加減できないしね。
しかしだな、単なる趣味娯楽でペンタブに数万円の投資となると、やっぱり・・・。

そんなことをボヤきながら、とりあえず雑念を振り払うかように PictBear の使い方を研究。
今回はレイヤーごとに円形の範囲選択やグラデーション塗りなどを試しながら、レイヤーのブレンド方法を比べただけ。
ブレンド方法が「通常(デフォルト)」以外にも加算、減算、乗算、スクリーン、オーバーレイなどがドロップダウンから選べるようになっているけど、実のところ理屈をよく理解できていない。

で、サンプルに使った絵はコレ。(相変わらず雑)
お仕置き(元画)
使ったもの: カレンダーの裏紙、0.5mmシャープペン(2B)
描画時間: 10分くらい
編集ソフト: PictBear、PhotoFiltre


選択範囲を指定しながらグラデーションやエアブラシなどを適当にいじって試行錯誤すること約10分、ひとまずこんなものになってしまった。
お仕置き
それぞれの機能をちゃんと理解して、もっと手順を要領よく整理しながら PictBear の便利な使い方を紹介できるようになれたらいいかも、と思った。(小さな野望) 

今日の作業は、これでおしまい。 

人気ブログランキング

新年あけましておめでとうございます。

平成29年の酉年、せっかく語呂合わせのいい年(とりにく)なんだからと思ってネタを考えてみたものの、「鶏肉、焼き鳥、タンドリーチキン・・・」

ん~、どれも幸せになれそうにない感じだなぁ。

伝統的な遊びで酉にちなんだものとかは。
コマ回し、凧揚げ、カルタ、福笑い・・・どれも関係がなくて、つながらない。
他に何かあったっけ?

無理に酉とつなげる必要はないけど、無難なところで羽根突きか。(羽しかつながらない!)
羽根突き
使ったもの: チラシの裏紙、0.5mmシャープペン(2B)
描画時間: 1時間くらい
編集ソフト: PictBear、PhotoFiltre


丁寧に描いていたら、かなり時間がかかってしまった。
しかも、描いているうちに紙がだんだん黒ずんできて、気づいたら小指の横が真っ黒に。
今回は消しゴムが大活躍だ。
さすがに着物の柄まで描く気力は残っていなかったから無地のままで諦めた。

スキャンと編集にはPictBearを使ってるけど、未だに使い方が呑み込めていないところがあって、選択ツールを使って範囲選択をする作業に一苦労。
選択範囲を追加していくには Shift キーを押しながら新たに選択範囲を指定すればいいことは理解した。
選択範囲を削除していくには Ctrl キーを押しながら、というのも理解した。

しかし、無地の場所で任意に直線の境界を指定するには?

レイヤーを駆使しながら、なんとか試行錯誤でうまくいったけど、もっといいやり方を発見したらメモとして手順をアップしとくかな。
需要ないかもしれないが・・・。 

ところで、羽根突き遊びに決まって出てくる罰ゲームで、顔に○だの×だのと墨を塗る風習はいつ頃の時代から始まったんだ? 

人気ブログランキング

初音ミク VISAカード a8mat

長万部みなとの新しい投稿

↑このページのトップヘ