そこはかとなくゆかし

裏紙に筆走らせて描いた落書きイラストの寄せ集めから即興曲まで。屑箱へそっと姿を消すはずだったこの子たちの面影が、そこはかとなくゆかし・・・。瑣末な作品を言の葉と一緒にさりげなく残しています。

タグ:ラフ

趣味以下の落書きだし、無名の週末作家だし、単なる自己満足だし・・・
そんな調子でブログを更新する以外はSNSなんて全く見向きもせず、頑なに誘いにも乗らないでいた。
そもそも全然、興味が湧かなくて。

でも突然、考えが変わった。

あたかも本人のように振る舞って、いつのまにかアカウントだけが独り歩きしだした、とかいう「成りすまし」被害の話を見聞きするようになったから。

それも、有名だろうが無名だろうが、作家活動していれば誰でも成りすましの被害に遭う可能性があるというのだから怖い。
信頼感
だから、とりあえず自分自身でアカウントだけは取っておいた方が、いいのかなって。
あとになってから登録するときに「~はすでに使われています」と連発されてハンドルネームやニックネームどころか、アカウントやIDの文字列にまで頭を悩ませる、なんてことが減るかもしれない。
というか、同じ名前で他の誰かに先越されて登録されてた、なんてことになったらショックでご飯も喉を通らなくなる!!(いや、同姓同名もいたり)

そんなわけで、今は必要性を感じていない Twitter や Facebook だけど、(保険のつもりで)ついに重い腰を上げてアカウントを取ってしまった。

本当はブログの更新もままならないほど忙しいから Twitter だの Facebook だのと手を伸ばすのは厳しいし、管理するのも大変だから放置しがちになる可能性は大かな。
とりあえず、ブログに同時投稿の連携機能があるから連携機能だけでも有効にしておけばいいか。
正直、活用する場面がイメージできないんだけど・・・。(テキトウすぎ)

あまり負担のかからない方法で上手く活用する方法だとか、何かいい活用法を知っている人がいたら教えてくれると嬉しいかも。
その前に Twitter も Facebook も自分のページすら使い方がよ~ワカランのよね。
アカウントの取り方を人に教えてあげられるようになったのは若干、進歩かな。(爆)

人気ブログランキング

ごく普通の日常生活で「どうして?」と首を傾げたくなる話。

たった1回洗濯したくらいで、いくらなんでも、それはないでしょ。
たとえ特売品だろうが、ウール100%だろうが、抗菌加工だろうが、とりあえず一組の対になっている靴下を新品で買ってきたんだから。
靴下
靴下は揃っていてこそ価値がある。
だからって、伸び縮みした後の長さが揃っていればいい、ということにはならない。

片方が伸びたり縮んだりしただけでも履いていられないのに、たまに、それぞれが同時に伸び縮みの方向が逆だ、なんて自由すぎる靴下もある。

そこで素朴な疑問。
同じ材料で作られていても伸縮ベクトルが違うの?
そんな芸当、求めてないんだけどなぁ~。

対策は・・・
同じ靴下をまとめ買いして、洗濯のたびに同じくらいのサイズ同士で揃えることくらい。

人気ブログランキング

昨日、3月2日は都立高校の合格発表だったんだね。
無事に合格の二文字を手に入れた人、おめでとう。
肩を落としている人は、そっか・・・。

まぁ、結果がどうであれ、自分の人生だ。
Where there is a will, there is a way.
意志あるところに道あり。

さて一夜明けて今日、3月3日は桃の節句。
すなわち雛祭りだ。
ということで、女の子の健やかな成長を祈って・・・(話題の切り替え早っ)。
登頂
使ったもの: カレンダーの裏紙、0.3mmシャープペン(2B)
描画時間: 30分くらい
編集ソフト: PictBear、PhotoFiltre


・・・なんて、健やかな成長どころか、思いっきり天辺まで登る画になってしまった。

描いているうちにふと思った。
なんか、こういう路線も悪くないな~と。

いけない、いけない。
暇つぶしに落書きしているだけのつもりが、いつの間にかイラストっぽいものを描くのが趣味として定着しつつある。

やっぱりペンタブ買おうかな。
その前に、もう裏紙に描くのやめようよ、って話か。
ペンタブは高いからスケッチブックにしよっか。
それじゃクオリティ変わんなくね?

そもそも、ちゃんとしたイラストを描く練習しないとダメじゃん。
ペンタブなんか買っちゃったら、それこそ天辺目指すつもりで描かないと。
本気か?

ん~~~
この頃、悩みが尽きない。

いつまでもブツブツと独り言つ自分。

人気ブログランキング

この2月24日(金)はプレミアム・フライデーなるものが導入されて初の実施日だったそうで。
それはそうと、15時頃に早々と職場を後にする浮かれた会社員がいる一方で、「プレミアム・フライデー? なにそれ、美味しいの?」みたいな人もいたり・・・
もとい、精魂使い果たしてげっそりした顔の中学生たちもいたりする、だ。

そう!
この日、東京都内では都立高校の入学試験が行われたのでありました。
ということで、都立高校を受検したみんな、お疲れ様!
入学試験
使ったもの: カレンダーの裏紙、0.5mmシャープペン(2B)
描画時間: 15分くらい
編集ソフト: PictBear、PhotoFiltre


だがしかし。
まだ期末試験が残っていたりする!
高校入試が終わったからといって気を抜いていると、3学期の成績がいきなりガタ落ちになったりするから、気をつけないとな。

あと、国公立大学の二次試験の日程が、早いところだと25日(土)から始まった。
みんな大変だろうけど、どうか頑張り抜いてくれっ!

あとは頼んだぞ~(って何がだ)。

人気ブログランキング

学校でも実社会でも同じことが言えるんだけど、先輩後輩や上司部下という関係の縦社会で生きようとすると、どうしても「戦略」という心得が必要になってしまう。
かといって、何でもかんでも腹の探り合いばかりしていると、逆に物事がスムーズに運ばなくなる。
実に「加減」というものが難しい。

「肉を切らせて骨を断て」方式ではないけれど、何事も最初は幾分かの犠牲を見積もっておくべきかもしれない。
少なくとも、自分の立ち位置を見極めるためには・・・。
髪飾り
使ったもの: 0.3mmシャープペン(2B)、カレンダーの裏紙
描画時間: 忘れた・・・
編集ソフト: PictBear、PhotoFiltre


ある想い出。

新入社員歓迎会を兼ねて開かれた社員有志によるバーベキューの会食。(会場は会社の駐車場)
新人はせっせとバーベキューコンロを組み上げたりして積極的にセッティング作業を遂行。
食材は会社負担で、まぁ~豪勢な黒毛和牛と近所のJAで買った新鮮な野菜。
手際の良い女性陣によって食べやすい大きさに切られた野菜や肉が、次々と火の上でジュージューと音を立てながら美味しそうな色に変わっていく。

社長「遠慮しないで、どんどん食えよ~」

こんな贅沢はもう二度と自分の人生に訪れては来ないだろうと思えて興奮した。
つい欲を抑えきれず、最初に目をつけた一番ヨサゲな肉を取ろうと箸を忍ばす。
がっ!

上司「あ~、それ、もうちょっとよく焼いた方がいいよ」
自分「あ、そうですか」

しまった、気づかれた。
思わず箸を引っ込める。
じゃぁ、こっちの少し縮んだ控えめのお肉ならいいのかなと、遠慮がちに箸を伸ばす。

上司「それも、あとちょいくらいかな」
自分「え、そうなんですか?」

また箸を引っ込める。
その横で上司が笑いながら次々とお目当ての肉をさらっていく・・・。

そして、ようやく「そういうことか」と気づく。
この上司とは一生、うまくやっていけないと確信することができた。

人気ブログランキング

初音ミク VISAカード a8mat

長万部みなとの新しい投稿

↑このページのトップヘ