そこはかとなくゆかし

裏紙に筆走らせて描いた落書きイラストの寄せ集めから即興曲まで。屑箱へそっと姿を消すはずだったこの子たちの面影が、そこはかとなくゆかし・・・。瑣末な作品を言の葉と一緒にさりげなく残しています。

タグ:ラフ

「♪本を売るならブッ・・・」の某古本屋で「最新版」と冠してある参考書を見つけて、出版年を見たら自分が生まれるよりも前のものだったり、とか。

「う~ん・・・」これは、さすがに唸っちゃう。

あと、どんなに「新鮮な野菜」って書いてあっても、時間が経てばねぇ・・・
新鮮な野菜
使ったもの: 筆ペン、カレンダーの裏紙
描画時間: 約30分

日常の中で実際にあった話をモデルにしているので、自分の中では十分にリアリティを満たしている絵だな。
元ネタでは野菜を束ねている青地の帯に白い文字で「新鮮野菜」とプリントしてあるから、そのまま現物を描写してもよかったんだけど、なんとなく右から左へ持ってきた感が出てしまうなぁ、という理由で若干修正。
「地元の新鮮な・・・」何だよ!(え、そっち?)

ぺんてる筆ペンのうす墨インクを使っても、実際にイラストを描いてみると濃い目に見える。
輪郭と陰影のコントラストがそれほど強くは出てこないので、うす墨インクはあまり意味がないみたい。
カートリッジに水を混ぜて薄めてしまった方がいいのかな。

人気ブログランキング

はじめまして、長万部みなとです。これが初稿のご挨拶となりますので、宜しくお願いします。

職業絵師ではありませんが、時々、それっぽいこともやったりします。
でも基本は一日の仕事が終わってから、ほんの束の間の息抜き時間に描くだけで精一杯。
それに、頭に浮かんだイメージをそのまま一気に描き上げてしまうので、それなりのクオリティしかありません。

そろそろペンタブとお絵描きソフトが欲しいなと思いつつも、相変わらずシャープペンと筆ペンを駆使して裸婦・・・じゃなくて、ラフな絵ばかり描いています。

しかもカレンダーとかチラシとか、どうでもいいような裏紙に描いているので、大抵は描き上げても直ぐゴミ箱にポイッ!

ところが、買い換えたプリンターにせっかくスキャナーが付いているのだから「活用しないともったいない!!」と思うようになって、仕上がりのマシなものはスキャナーで取り込んで保存することにしました。

なので、その中から適当に選んだものをブログに貼り付けていこうかと思います。気が向いたら、ですけど。

ただ、影響を受けた作家や作品なんかがあるわけでもなく、ましてやこの手の創作分野に詳しい訳でもないので、道具の選び方も描き方も全部、自己流です。

そもそも筆の太刀筋が安定していないので、自分なりの画風というものが未だに完成していません。ディテールが雑なのは、ご愛嬌ということで。

あと、イラストを描くのが好きな割にはストーリー性のあるオリジナル作品を描いたことがないので、この手の同人系にも全く疎いです。マンガやアニメは嫌いじゃないのですが、そこそこ通な人を前にしたら、もう話題に付いて行くのはキツイかも。

できたら、どんな作家に画風が似ているとか、この作家の絵なら気に入ると思うよとか、いろいろ情報を教えてくれる人がいたら嬉しいです。これから学ばなきゃいけないことが、まだ沢山あるので。

せっかく描いても男の子の絵は需要が少ないので、どうしても練習の比重は女の子の絵に偏りがちですが、これからは動物や架空のモンスターなど、イラストの守備範囲を広げていこうかと思っています。
そこはかとなくゆかし
続きを読む

初音ミク VISAカード a8mat

長万部みなとの新しい投稿

↑このページのトップヘ