そこはかとなくゆかし

裏紙に筆走らせて描いた落書きイラストの寄せ集めから即興曲まで。屑箱へそっと姿を消すはずだったこの子たちの面影が、そこはかとなくゆかし・・・。瑣末な作品を言の葉と一緒にさりげなく残しています。

タグ:風景

ようやく春らしい陽気になってきたかなと思ったのに、なんだかまた肌寒くなったぞ。
日が落ちたら部屋がヒンヤリしてくる。
掛け布団を押し入れにしまったり出したり、忙しい。
桜吹雪
使ったもの: 0.5mmシャープペン(2B)、チラシの裏紙、写真素材、PictBear、PhotoFiltre。
描画時間: 素材の線画が約15分、画像編集ソフトの作業時間が約1時間。
今回は近所で撮影した桜の風景写真も使って、イラスト線画と写真をそれぞれPictbearのレイヤーに貼って、ぼかしを入れたり花びらの色塗りをしたりしてみた。
レイヤーの透過度やマスク範囲選択、塗りつぶし、境界線のぼかしなど、いろいろ失敗しながらだけど、だんだん使い勝手がわかってきた気がする。
PictBearでどの程度のことが出来るのか、大雑把に色々と試してみただけなので、出来栄えはあまり気にしていないです。
写真にポスタリゼーションの効果を与えるのは PhotoFiltre というフリーソフトを使いました。
つづりが PhotoFiltre になっているけど ProtoFilter の間違いじゃないの?と思った人、「~re」で間違いないです。
本当は筆ペンで塗りあげてからシャープペンの下絵は消しゴムでゴシゴシ消してしまおうと思っていたけど、時間節約のために手を抜いてしまった。
続きを読む

タイトルを「お花見ランチタイム」と題しながらも、実は去年の8月に描いた絵を引っ張り出してきたという・・・。左下に描いた日付が書いてあるから、わざわざ言う必要はないか。しかも、描いたのが桜の樹じゃなかったりするから、もうテキトーにも程がある。
お花見ランチタイム
使ったもの: 0.5mmシャープペン(2B)、カレンダーの裏紙
描画時間: 1時間以上?結構かかった気がするが、忘れた。
PictBearで真ん中の女の子の髪の毛を若干修正。というか、色々と修正したかったけど途中から収拾がつかなくなりそうな予感がしてきたから、線画を崩してしまう前にや~めた。

元々は下絵のつもりだったのが、途中から細部の凹凸や陰影まで描き込んでしまったものだから、結局はペン入れするのを止めてしまった。
いやいや、ペン入れする前に、きちっとパースを取り直さないとダメだろ。ベンチの円形も見事に歪みまくり。さすがにフリーハンドじゃ、クオリティもそれなりでしかない。
どのみちイラストとしては中途半端だから、あとでなんとかしようとは思っている。
そう、思ってはいるのだけど、樹の根元やベンチの高さ、位置関係が諸々おかしいから、細かいところを手直ししたくなる。
それで、ひとたび手直しし始めると、今度は全体の雰囲気が描き始めたときの絵と変わってくる。
これが毎度のパターンになるので、躊躇してしまう。
筆ペンで清書したら、まるで雰囲気が違う絵になってしまったりとか、しょっちゅうある。
いっそ、新しく描き起こした方がいいかもなぁ。(と、心が揺れはするものの、二度と同じ雰囲気を出せない辛さ)
これは、これで、いい感じもするし。いっか~。
ちょうど花見の季節だし、イメージが重なるからタイミング的には良いなと思って。(弁明にムリヤリ感)
まぁ、描いたのは8月だけど、そこは目を瞑るということにしておいて。

人気ブログランキング

桜の樹
薄雲がかかっていたけど散歩するには穏やかで気持ちのいい日だった。
あまり日が射していても花びらの色が白く飛んでしまうから、写真を撮るのにも好都合な日だった。
でも、緑の葉を付け始めている桜の木もあったから、ひょっとしたら入学式や始業式の日までに散ってしまうかもしれない。
満開の桜は明日、明後日くらいまでが見頃だろうけど、これから天気が悪くなりそうで心配だ。
続きを読む

初音ミク VISAカード a8mat

長万部みなとの新しい投稿

↑このページのトップヘ