だいぶ時代は変わった。
じゃなくて、色々な変遷をたどって価値観が多様化してきたというのが正しいのか。
恋愛に積極的な肉食女子という言葉が生まれて久しい。
義理チョコだの友チョコだのという慣習はもっと息が長い。
女子同士に至っては友チョコ事情が複雑らしくて、夜通しチョコ作りに励んで朝からクタクタになってる子もいるとかいう話だ。
そうなるともう、好きな男子に告白するだのワクワクドキドキとか浮いた話じゃなくて、女子は女子である種の社交行事のために神経をすり減らしているようなもの。(気苦労をお察しします)

ちなみに海外ではチョコよりも花束やカードを贈ることの方が主流らしいと聞く。
カップルや親しい友人の間で相互に贈り合うのも珍しくないらしい。
だからといって、この日本でバレンタインデーにいきなり女子から花束出されたら公開処刑的なニュアンスか?
個人的にはやっぱり無難なところでチョコがいい。(花より団子、的な?)
しかもチョコなら年中無休でウェルカムだ!

なんて、三時のおやつ並みに食い気満々じゃ、身も蓋もないか。
ないけど一応、同性からはNGという方向で。
でも傍目だったら百合はセーフだよ(って何の話だ)。
バレンタイン攻略
使ったもの: 0.3mmシャープペン(2B)、プリントの裏紙
描画時間: 忘れた・・・
編集ソフト: PictBear、PhotoFiltre


そういえば、小学校6年生のときに「バレンタインデーにチョコちょうだいね」としつこくせがんでくる仲良し二人組の女子がいたのを思い出す。
普通、逆じゃないの?
女子が好きな男子にチョコを渡す(&コクる)一大イベントの日じゃなかったっけ?
と、そのときは心身未熟で関心も知識も中途半端だったから、成り行きで「はいはい」と生返事してしまったけど。
結局はその女子たちがそろいもそろって勘違いしていたということで話は終了。(今でこそ逆チョコもありだが)
その後、古式ゆかしく女子から愛の告白とともにチョコを貰うという儀式もなかったし、あれはなんだったんだ・・・。
好意の有無はともかく、義理チョコが賑わう当時の教室では、なんとなく肩透かしをくらっただけみたいで居心地が悪かったのを覚えてる。
まぁなんというか、思春期前に微妙なしこりを残したというか・・・。

人気ブログランキング